2018.10.28カテゴリー:

今回は個人店と大手(法人)どちらがいいか?実は鍵屋さんの場合かなり個人店が多いです。当店もそうです。たまに大手じゃないと安心できないと言う人もいます。何回も書きますが作業内容や使用部品は同じです。一概には言えませんが個人店に比べ大手の方が料金は高いです。これは社員さんがいれば人件費や広告費、電話代等経費が多くかかるからなのでしょうがないです。安さにこだわる方は個人店がいいのではないでしょうか?また、在庫に関しては大手さんの方が持っている可能性が高いです。MIWAロックあたりは沢山在庫していますが、その他のメーカーで戸建てタイプとかは在庫を持っていない場合があります。解錠技術に関しては今は五分五分ではないでしょうか。現在の鍵はほぼピッキングが出来ない為、特殊工具を使います。経験があるかないかの差がでますがどちらがいいかはわかりません。 個人店のいい所は経営者が来てくれる事が多いと言う所です。特に見積りとかは失礼があると仕事が飛んでしまう為より真剣になります。大手がそうじゃないとは言えませんが社員さんで飛んでしまっても自分の腹が痛むことはありません。(歩合とか上司に怒られるとかあるなら別ですが)あと単独の仕事では厳しいですが複数の仕事の場合予定以上の値引きしてしまったりあります。近場ならなおさらです。内容によって使い分けしたらいかがでしょう?

 

2018.09.18カテゴリー:

今回は、お客さんに有利な比較サイト。こちらも急ぎではない鍵交換に最適。こちらも何社かあるが仕組みは同じ。まずサイトに登録する。鍵・修理などのカテゴリーから依頼。内容を選択(鍵交換・マンション・シリンダー・防犯性の高いもの・1か月以内等)し募集。するとこれらの依頼に対し登録している会社にメールが行き5件(サイトにより違うかも)まで見積が届く。ただし、鍵の場合はメーカーによって付けられる鍵が決まる為、正確な見積もりは得られない。依頼者は見積を出した業者の写真や文面やHP(リンクされている場合)を見て業者を選び依頼する(1社のみ)。支払いは直接支払う。このようにお客さん側に非常に有利に出来ている。

実は業者はサイトに対して見積の段階に手数料が発生している為(選ばれなくとも手数料は戻ってこない)お客さんに選んでもらう為にある程度安い価格を提示したりする。業者側もマイナスかプラスかなので必死なのである。お客さんは一切、手数料が発生しないので容易に依頼を出し、その後音沙汰がない場合も多い、もっと酷いのは最後の1社になったにもかかわらずキャンセルする人。音沙汰がない場合は手数料は戻るのだが、決まってからは戻らないので泣くしかない。お客さんに対して非常に有利なのだが業者側は真剣な事だけ忘れないでほしい。

2018.09.05カテゴリー:

緊急で鍵屋さんを探す場合はしょうがないのですが、鍵交換等を検討している場合のお得な検索法をお教えします。GoogleやYahoo等で検索して目についたHPを何件か検討して決めていると思いますがそこからもう一工夫。現在、メインのHPは一つでも複数のサイトに登録していることがあります。市等の地元密着の検索サイト。口コミのサイト。最寄り駅から検索サイト。等、お店の名前で検索をすると大抵複数のサイトに登録しています。その中にはクーポンを発行しているものもあります。運営会社等から依頼で、独自のサービスを付けてくれと言われることがあり「合鍵1本無料」などあります。メインHPは専門の会社に依頼している関係で内容をいじることが容易ではない場合がありますが上記サイトは無料(有料もあります)で自分で内容更新が出来き、「引っ越しシーズン限定」とか「こちらのサイトから」とか「夏休み限定」とかクーポンを発行できます。中にはサイト別に料金を変える業者もいますが最安を探せばいいだけで更におまけ(クーポンで)が貰える可能性があります。

ページトップへ